クラブ紹介

 土浦市体育協会スキー部は、2021年10月1日をもって「土浦市スポーツ協会スキー部」に名称が変わりました。当スキークラブは、戦後間もない1946年に前身の土浦市「山岳会」が土浦市体育協会の専門部として発足した後に、1954年に県スキー連盟に加盟した歴史あるスキークラブです。現在、クラブの主な活動はリクレーションスキーであり、毎年、一般参加者を募る土浦市民スキーを企画・開催するほか、クラブ員を中心としたスキーツアーやハイキングなどの行事を開催しています。 一方で、スキー指導員の資格取得を目指す方には、受験申請手続きなどをサポートし、また本格的な競技スキー大会への出場を目指す方には、クラブ所属選手としてSAJへの登録手続きを行っています。会員には、小学生から90才を超えるシニア世代まで幅広い年齢層の方がおり、最近ではスキーのほかスノーボードを楽しむ方もおります。

クラブ員構成(2022年9月現在)

クラブ員 人数
SAJ正指導員(スキー) 7名
SAJ準指導員(スキー) 7名 
一般会員 34名
合計 48名

ツアーの主な行き先

志賀高原、蔵王温泉スキー場、尾瀬岩鞍、丸沼高原スキー場、かぐらスキー場